巻き爪

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


 ↓

      

こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

私の主人が巻き爪なんですが、以外と巻き爪になっている人がいると聞きます。

巻き爪は、爪が内側に向かって巻いているようにはえてくる爪のことですが、多くは足の親指に症状が出るそうです。(私の主人もまさにコレ^^;)

見てるだけで痛々しいのですが、爪が足の肉に食い込んでいて「痛くないの?」と聞いたら、「たまに痛い」と答えました。

爪を切れば巻き爪もなくなる?と思いますが、これがまたそんな単純じゃないようです。

巻き爪の原因は、女性の場合は、ヒールが高かったり、先が細くなっているパンプスなどでなる場合があります。

簡単に言うと、爪がまっすぐ伸びることができないため・・・というべきでしょうか。

足に負担がかかるためになりやすいので、男性の場合は、営業の方はとくになりやすくなっています。

「じゃあ思いっきり深爪にしちゃえば・・・」という考え方もいけませんよ。

爪を短く切りすぎると、周りの皮膚は爪がなくなった部分に向かって盛り上がってきますので、両側から爪が圧迫され、逃げ場がなくなって巻き爪になってしまいます。

巻き爪だから短く切っているというのであれば、悪化させているのですぐにやめましょう。

巻き爪は自分では治すことができません。

病院は整形外科、形成外科などで治療を行なって貰うようにしてください。

痛みがない人は特にほったらかしにしている人も多いようですが、爪がどんどんまわりの肉に食い込んで、化膿してしまい、陥入爪になってしまいます。

それでも放置しておくとどうなるか?

次は骨にまで異常が出てきてしまうのです。

ちなみに、巻き爪は病院で矯正することができます。

もちろんすぐには治りませんが、根気よく治療することで巻き爪から解放されると考えるならば、治療に通ったほうがいいですよね。



      


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。