にきび?吹き出物?

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

思春期のころに「ニキビ」で悩まされた人はいませんか?

私は、中2の頃くらいにニキビが出来始めて、高校3年くらいまでニキビと戦っていたような気がします。

そんな私も30才過ぎ、今でも顔にポツポツとしたものができます。

25歳過ぎた頃でしょうか。

鏡を見て、「あ~、ニキビが出来てる~」と友達に言ったら、その友達は、

「もうニキビじゃないのよ。20歳過ぎたら『吹き出物』っていうの。ニキビなんて、何をティーンエイジャーぶってんのよ」

と笑いました。

なぬ!?

吹き出物とニキビが違う?

だから私、調べてみました。

実際には「ふきでもの」も「にきび」も同じように使われていますが、次の3つの観点から使い分けされているそうです。

1.20歳前の思春期のころにお肌にあらわれるものを「にきび」、20歳すぎて大人になってからできるものを「ふきでもの」と呼んで区別して使う。

2.お肌のアクネ菌の異常繁殖によってできるものを「にきび」、内臓疾患等の異状によってお肌に影響がでるものを「ふきでもの」と呼んで区別する。

3.程度の軽いものを「にきび」、化膿して程度がひどくなってしまったものを「ふきでもの」と呼んで区別する。

これを整理すると、「吹き出物」と「ニキビ」の違いは、1.年齢、2.原因、3.程度の3つで主観的に分けて使われているということですね。

結局、年をとったら「吹き出物」ってことで、友達の言うことはあながち間違っていなかった・・・ということでしょうか・・・。

吹き出物ができる原因は、やはりストレスです。

また不規則な生活、バランスの悪い食事や睡眠不足などが原因で、ホルモンバランスが崩れてしまっている場合にできるよう。

あ~、考えたら思い当たるふしが・・・。

便秘してても、顔にできものができますよね。

つまり、デトックスしてないってことなのでしょう。

吹き出物ができたばあい、すばやく改善させる方法として、市販薬の使用と生活習慣の改善をするという2つに限ります。

吹き出物をやっつけるにも、いろいろな努力が必要ってことですね。。。

まずストレスをなくすことはできないので、生活習慣を正すことから始める・・・といっても、それもまたなかなか難しい現代社会。

なので、市販薬にも力を貸してもらって治していこうではありませんか。

とりあえず、深夜のDVD観賞から控えようと思う私でした^^;


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。