クッシング症候群(くっしんぐしょうこうぐん)とは?

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


 

こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

 

クッシング症候群とは、何らかの原因で副腎皮質ホルモンであるグルココルチコイドが慢性的に過剰分泌される病気です。

 

原因2つあり、一つは、副腎に腫瘍の一種である腺腫ができることによってグルココルチコイドが腺腫だけから分泌過剰が起こります。

もう一つは、脳下垂体に腺腫、または悪性腫瘍ができることで副腎皮質刺激ホルモンが過剰に産生され両側の副腎皮質からグルココルチコイドが過剰分泌されます。

 

症状としては、脂肪の沈着によって、顔が丸くなる(ムーンフェイス)、胸や腹が太る、手や足が細くなるなどの特徴的な症状が出ます。

その他には、筋力の低下、皮下出血、動悸、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧などが挙げられるでしょう。

 

治療としては、副腎あるいは脳下垂体にできた腺腫の切除が行われますが腎皮質刺激ホルモンや副腎皮質ホルモンの抑制剤が使用される薬物治療も有効です。

 

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。