『ずんだ餅』☆田舎の食べものと身土不二☆ 第3回


枝豆は、夏だけの食べ物ではなくなりましたね。
冷凍技術が上がって、年中居酒屋のお通しで活躍しています。

でも、もともとは、夏だけの作物でした。
豆は栄養豊富なのに、例えば苗のまま取ってきても保存できないし、豆を枝からもいだままでも日持ちはしません。枝豆で食べるだけでなく、

さやから出して、湯がいて、砂糖に水としょうゆを一たらししたシロップに漬けて食べる浸し豆や豆ごはんなど、日持ちしないだけに夏にはヘビーローテーションで食卓に上がってきます。

マメで達者で。

タンパク質でもあり、骨密度にも効果があるので、夏に枝豆はもう必須食品なのかもしれません。

 

さて。宮城県には「ずんだ餅」があります。

当然日持ちしないので、数十年前までは宮城県内や関係者の家だけで食べられていた「お盆のお餅」です。今は前出しの冷凍技術のおかげで、餅の完成品として全国で、いつでも食べられようになりました。

 

「ずんだ餅」の名前の由来は、各説ありますが、行きつくところは、「伊達政宗公」が決めたに行きつくので、江戸時代になる前から存在していたようです。ちなみに祖母に聞いてみましたが「おらのかーちゃん(母親)も言ってだ」と答えのようなそうでないような返事が返ってきました。

 

☆作り方です☆

お餅は、つきたてが一番おいしいのですが、今は買ってきた餅を、電子レンジでつきたて状態にもできるのでそれでよしとします。

二人分です。

枝豆を一束買って来てください。
冷凍枝豆ではだめです(ダメではないけど、完成品がおいしくない)。枝から、豆をもぎます。その豆を、塩で揉みながら汚れを洗います。大量の塩を入れた沸騰したお湯で、お通しの枝豆くらいの硬さでまで茹でてください。

 

☆その1
ざるにとって、まだ熱いうちに莢から出し、薄皮から豆本体を出します。熱いうちがポイントなので、やけどしないように気を付けてください。途中つまみ食いしても大丈夫です。

☆その2
今あるかな~すり鉢とすりこ木で、すりつぶしていきます。どろどろまではすらないでください。ほどよく豆の破片になったら、砂糖を入れて、もう一すり。仕上げに、塩を少々入れて、自分の好みの甘さに調整してください。

ミキサーでもすりつぶすことはできます。回りは悪いけど、水は絶対に入れないでください。

少量ずつ枝豆を入れて、つぶしていってください。砂糖と塩の仕上げ加減は同じです。

フードプロセッサーでも大丈夫ですが、ミキサーもそうですが、あくまでも豆の小さな破片がある状態までであり、水溶体にするのはやめてください。

☆その3
すりつぶした枝豆を餅とからめて、ずんだ餅の完成です。

 

なぜ熱いうちにするか。冷えてからやると、あの鮮やかなずんだ餅の黄緑色が出ないからです。熱いうちだと、本当に見た目もおいしくなります。

 

すり鉢の時代は、子どもがすり鉢を支えて、おばあちゃんたちがすりこ木ですっていく。そんなのどかさがありました。いや、熱々のうちにしなければならないので、怒号渦巻く戦場でもありました。

家ごとに、ずんだ餅の味があります。それはその家の代々の女性たちの受け継がれた味です。

 

お盆の16日は、仏さまのお帰りの日です。15日に、家族と仏様、ご先祖様と、ずんだ餅を食べるので、お帰り餅の別名もあります。

昔、砂糖はとても貴重なものだったので、牡丹餅やおはぎもそうですが、仏さまへの御馳走の時に作られたのだと思われます。

 

年中食べられるにしても、家で作らなくなったとしても、15日16日は、町のお餅屋さんには、朝4時から行列ができて、ずんだ餅を求めます。ここにも、お盆の特別なお餅だとわかることができますね。

文:畠山慧美