江戸時代にも栄養ドリンクがあった!

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


こんにちは。スタッフのまりもです(*^▽^*)

みなさんは疲れたときとか、体力的に何とか踏ん張りたいときってどうしていますか?

私は、滋養強壮剤を飲んでいます。

特にこんな暑い日が続く日は、体力の消耗が激しくて、栄養ドリンクには助けられることが多くなります。

そんな栄養ドリンクですが、実は、江戸時代にもあったんですよ^^

江戸時代では、ある飲み物を栄養ドリンクとして飲んでいたんですが、現在もソレは存在しています。

その飲み物とは・・・、甘酒です。

特にお年寄りや子供には、甘酒を冷やして飲ませていたそうです。

甘酒には、ブドウ糖やアミノ酸、ビタミンが豊富に含まれていますので、栄養補給には適した飲み物だといわれており、それは現在も言われています。

その影響でか、甘酒は今でも夏の季語になっているんですよ@@

俳句では、今でも夏の季語になっている。

面白い話ですよね♪

お得な情報 --------------------------------------------------–

★商品一覧+お試しセット 詳細はこちら»★『東日本応援・健康応援ダブルキャンペーン』実施中! 詳細はこちら»
$世界が認めた田七人参☆飲む田七・塗る田七-キャンペーン2
さらに、自然の力で便秘を改善するワンランク上の整腸剤「腸潤」が

 59%~73%OFFにて購入できます。 詳細はこちらから»
$世界が認めた田七人参☆飲む田七・塗る田七-キャンペーン1
東日本応援・健康応援ダブルキャンペーン』の詳細はこちらをご覧ください»


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。