花火

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

今日は、子供達を連れて、花火の問屋さんに行ってきました。

スーパーで花火を買うと、セットで500円が一番安いものになるんですよね。

全てが手持ち花火で、打ち上げ花火とかを買ってしまうと、それこそたいそうな金額になります。

私は、それがちょっと・・・って感じだったので、ネットで調べて家の近くにある問屋さんにいったんです。

そこでは個別売りがされていて、それも1個がとっても安い!

大きな打ち上げ花火でも、1000円~1500円という金額なので、とっても安いんです♪

大量に買っても、予算オーバーしないのがありがたい♪

問屋さんには、懐かしい花火もたくさん置いてありました。

昭和時代では当たり前に販売されていたものも置いてあり、昭和っ子の私と主人は大興奮。

煙玉や、ネズミ花火、パラシュートに、ロケット花火・・・。

まだまだたくさんあります。

子供達は、煙玉とか知らなくって、見せてあげたらとっても興味津々でした。

昭和時代に流行っていた花火を大量に購入して、さっそく夕方になってからやってみたんですよ。

煙玉は、赤色や青色や、いろいろな色の煙をもくもく出して、子供たちは「忍者~」と言って喜んでいました。

そして、パラシュート。

パラシュートは打ち上げ花火なんですが、上空でパンっと破裂(?)して、中の筒からパラシュートが出て地面に舞い降りてきます。

大きなパラシュート1つに、2つの小さなパラシュートが舞い降りてきて、子供達は、興奮してましたね(笑)

そんな姿を見ながら、自分の子供の頃を思い出した。

ああ、私も一緒だったな。

煙花火のときは、わざと煙が行くほうへ行って「姿が消える煙玉~」と言って遊んでいたな~・・・。

パラシュートでは、同じように、パラシュートを追いかけて、はしゃいでいた記憶も鮮明に甦ります。

大人になった今、たまに自分の子供の頃を思い出すものをやるのも、いいなって思いました。

大人になっても忘れない「子供のときの楽しい思い出」

みなさんは、何がありますか?

 ↓
         


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。