いい夢を見よう

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

いい夢を見た後というのは、何だか心がほっこりしませんか?

だから私は寝る前に「いい夢が見れますように~」とお願いして眠りにつきます。(どこの乙女だ?って突っ込まないでくださいね 笑)

いい夢が見られる方法というのがあるそうなので、みなさんにご紹介♪

まず、いい夢を見るという以前に、いい睡眠をとれるようにすることが大事だそうです。

そのため、

1.寝る前にトイレにいっておく。
2.寝る前の飲食を避ける。特にアルコールは控える。
3.快適な寝具を用意する。
4.照明や室温に気を使う
5.精神的にリラックスする。
 

上記について気をつけるようにしてみてくださいね。

私は、寝る前にトイレに行かないと、夜中に「トイレ・・・」と目が覚めてしまいます。(この時点で乙女じゃありませんね)

いい夢を見るためには、成功イメージを積極的に作り上げることが大切だそうです。

つまり、とにかく楽しいイメージを頭に叩き込んで睡眠に入ること。

こうすることで、プラス志向のイメージが夢を支配する可能性が高くなるそうなんです♪

目がさめている間にどれだけ自分が見たいと思うことがらに意識を集中させることができるかということがいい夢を見られるかどうかに関わってくるとのこと。

また、実生活の中でも自分に自信を持つ事も大切になります。

くよくよイジイジ・ウジウジしていたら、夢にまでも見捨てられてしまうので、落ち込むことがあっても、落ち込み過ぎないようにしてください。

そして、寝る前に枕の下に見たい夢の内容を書いたノートを置き、寝るという方法もけっこうアリなんですよ。

そこに夢の運気が現れ、寝ている間にこの運気がよい夢見に導いてくれるそうなので私も早速やってみました。

これが・・・成功率なんと40%

意外と高いと思いませんか?

ちなみに、私は若い頃に好きな俳優さんや、現実に片思いしていた人の写真を枕の下に置いて眠りについていました。(はい。可憐な乙女だったのです 笑)


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。