慢性疲労に効果がある水とは?

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


 

こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

 

一般的な疲れは普通一晩寝れば取れるものなのですよね。

ですが、睡眠を取っても疲れが取れず体が重く感じたり倦怠感が続いたりする状態を「慢性疲労」と呼びます。

 

慢性疲労になっているときって、何やっても辛い。。。

 

この慢性疲労に陥っている時、体内には乳酸が溜まり体液が酸性に傾いているそうです。

そのために新陳代謝が滞り老廃物が蓄積されてしまいます。

このように乳酸が体に溜まった状態が続くと「肩こり」「頭痛」「パニック障害」を引き起こすと言われているので注意が必要なんですよ。

 

慢性疲労の回避策としては普段から疲れを感じたらすぐさま対策を取ることが重要です。

運動したりマッサージしたり、ゆっくりして疲労を取る。

そして、コップ1杯の炭酸水を1日5杯を目安に飲むことも効果的だと言われています。

 

ちなみに、慢性疲労にはアルカリイオン水が効果的なんだそうです。

 

慢性疲労の改善にはとにかく酸性に傾いた体内環境を本来の体が健康な状態の弱アルカリ性に戻すことが必要となります。

そのためには、アルカリイオン水を飲んで体内を中和することがオススメ。

体内が弱アルカリ性に整えば、新陳代謝も快調な時と同じく活性化され、疲労感も解消します。

また、疲労を蓄積させない体質を作るためには温泉水が効果的だそうです。

 

そうそう。話は変わりますが、夏などに汗などをたくさんかいて脱水状態に陥ってしまった場合は、絶対に「真水」を飲んではいけません。 

真水を与えると細胞が膨張し、さらに深刻な状況になってしまう場合があります。

 

一般に脱水症状を起こしている人の体内では細胞の内液濃度が高くなっていますから、体液が海水が煮詰まったような状態になっているのです。

そこに塩分を入れてしまうと、細胞壁が壊れ血管が破裂していまします。

 

脱水症状を起こしてしまった場合は、真水ではなくスポーツドリンクのような電解質を含んだ水を飲むようにしてくださいね。

 

 

【お知らせ】

 

命水乙部ボトラーズのミネラルウォーターが期間限定で発売されます。

 

軟水・中性で口当たりがまろやかであらゆる用途に合い「シリカ(ケイ素)」を多く含んでいる

『ガイヴォーター』

 

気になった方。是非、お試し下さい。

 

http://www.shop.d-core.jp/gaivota/

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。