7 4月
2017
テーマ : 皮膚
By    コメントなし

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)とは

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします

 

こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

 

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)というる爪・皮膚の病気があります。 

爪甲剥離症とは、爪が下にある皮膚から浮き上がってくる状態のことを指しています。

 

この病気の原因は、カンジダ菌などの感染症、甲状腺機能異常、洗剤やマニキュアなどによる継続的な刺激、接触皮膚炎、乾癬、扁平苔癬、薬疹、強皮症、薬剤性光線過敏症などになりますが、原因がわからないという場合もあります。

指先を特に使う美容師さんなどの職業の人が多くなりやすい病気でもあります。

素人の場合は、やっぱりマニュキアですかね。

ケアをせずずっと塗り続けてるとこの病気になりやすくなります。

 

症状としては、爪の先から爪が徐々に剥がれてきます。 

剥がれても抜け落ちることはありません。

剥がれた爪は黄白色に変色します。

 

実は、たぶん私もこの病気になったことがあると思います。

爪の先から剥がれていくのです。

私の場合も、マニュキアの塗り過ぎだと思います。

治療はせず、マニキュアを塗るのをしばらくやめていたら、気付いたら症状が落ち着いてきて、治っていました(苦笑)

 

病院での治療は、爪事態の異常ならば副腎皮質ホルモン剤や保湿剤を塗ります。

また、ビタミンE剤の内服も行われるでしょう。

 

原因となる病気が解っている場合はその病気の治療が行われますが、原因となる病気が特定できない場合は、皮膚科の専門医に診てもらったほうがいいですね^-^

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。