世界で一番怖い病気

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

世界で一番怖い病気って、一体なにか知っていますか?

それは、「水アレルギー」だと言われています。

水アレルギーはとてもまれなアレルギーであり、発症者は世界で30人に満たないとされているほどです。

水アレルギーですから、水が触れると赤く腫れて激痛がはしります。

人間の体内には水分がたくさん含まれていますから、水アレルギーの人は、本当につらい思いをすることでしょう。

汗、涙、唾液などにも反応しますので、普段の生活から寝ている最中でさえも気をつけなくてはいけません。

水アレルギーの原因はいまだ解明されておらず、また、治療法もありません。


水アレルギーの人は、それだけまれなアレルギーとなりますので、水アレルギーに詳しい医師が少ないと言われていますので、世界中で最も怖い病気だと言われているんですよ。


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。