陽のスパイラルを呼び込もう!

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


 

 

 

こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

 

人間、生きていると、楽しいこともあればつらいこともあります。

 

悪いことが重なることもありますよね。

そうなると、「もういやだ」って思えてきませんか?

 

一つ嫌なことが起こると、二つめの嫌なことが起こる。

 

でも考え方を変えてみてください。

 

嫌なことが起こり、「あ~、やだな」って思うと、そんな嫌なことが連鎖し始めるんですよ。

 

なぜそういう連鎖が始まるのかというと、心の中で、「負」を作っているためです。

言い換えれば、「自分の心の通りに、世界が成り立っている」ということになるのではないでしょうか。

 

心の中に「負」を作ってしまうと、すべてが負になってしまって、ここから連鎖が始まります。

まさに「負」のスパイラルですね。

 

負のスパイラルは断ち切らなければなりません。

 

何をやってもうまくいかないときは、誰しもがありますが、そうなったときは、心の向きを変える努力をしましょう。

 

「ああ、嫌だ」

じゃなく、

「ま、今だけだよね」

と考えるということです。

 

気持ちの向け方次第で、嫌なこともいいことに変わってきたりします。

 

上司に怒られたりしたとしても、「自分の為だな」って思えば、本当に自分にとってプラスになるというわけですね。

 

今あることや起こってきたことを、どう受け取るかで、自分にとってのその意味や価値が大きく変わってくる・・・。

素敵だと思いませんか?

 

悩むことをやめたとき、自分の中のつらさは変わってきます。

 

私の子供たちも、今まさに反抗期です。

特に長男が高校一年生ですが、これまた思春期に入っていますので、無視や口答えをします。

最初は、戸惑いました。

 

でも、「あ~、私も反抗期あったな」「反抗期がまったくないのも怖いな」「これもまた成長の段階だよな」って思ったら、すっと心が軽くなりました。

  

自分の気持ちが前向きになり、くよくよ悩むことはなくなったのです。

 

負のスパイラルを断ち切るには、自分の心で「陽(プラス)」をつくればいいってことですよね♪

 

こうすると、喜べることが増えてきます^-^

心に陽を作ると、陽の連鎖が起こるようになりますので、とってもいいですよ。

次次といいことが起こり始めるのですから。

 

どうやって心に「陽」を持つのかというと、まずは見るもの、聴く物全てに感謝するといいと思います。

 

反抗期の子供を見たら、「元気に育ってくれてありがたいな」って思う。

親を見たら、「支えてもらってありがたい」と思う。

言葉にできたら、もっと素敵ですが、照れて言葉にできないのなら、心の中でつぶやけばいいのです。

 

友達には、「自分と仲良くしてくれてありがとう」

上司には、「自分を雇ってくれてありがとう。そして指導してくれてありがとう」

と思うということですね。

 

仕事や家事で忙しい時は、なかなかできないかもしれませんが、ほっと息をついたときに、「みんな、ありがとう」と思うことで、心に陽が出来始めます。

難しく考える必要はないでしょう。

 

毎日の小さなことを一つ一つ「陽のスパイラル」の中に取り込んでいくことで、大きな障害にぶちあたった時にでも、前向きに受け止めることができます。

 

これで生きる力がついてくるのです。

 
         


▲ページの上へ

コメント(1)

  • はじめまして、きえです!!早速記事よんじゃいました~(^^)一緒にアメブロ楽しんで行きましょう!!!!また遊びに来まーす(´∀`∩)それでは~♪きえ★

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。