24 12月
2014

クリスマスイブの「イブ」とは何?

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします

 

 

こんにちは。スタッフのまりもですヽ(´▽`*)ゝ

 

 

今日はクリスマスイブですね♪

みなさんは、クリスマスパーティーをやるのでしょうか?

 

サンタさんがやってくるのはクリスマスだから「25日」じゃない?と聞きますが、私はクリスマスよりも、クリスマスイブという言葉の雰囲気が好きなので、クリスマスイブにプレゼントを渡したりパーティーをするのが好きです♪

今日もこっそり子供たちの枕元にプレゼントを置いておきます♪

 

 

そもそも、クリスマスイブのイブってどういう意味があるんでしょうかね?

クリスマス・イブのイブは「前夜祭」や「前日」のことではないそうです。

そう思い込んでやまない方が、12/23のことを「イブイブ」と言って騒いでいます。

言っておきますが、12/23は天皇陛下の誕生日を祝う日であって、イブイブなどと騒ぐ日ではないんですよ。

 

 

改めて、クリスマス・イブの「イブ」は、「イブニングのイブ」のことをいいます。

クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳です。

 

「イヴ(eve)」は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものだそうです。

 

ユダヤ暦では日没が日付の変り目として扱われていますので、12/24の日没後は、日付はすでに12/25になっています。

だから、つまり「クリスマス・イヴ」は12/25クリスマスの始まりの時間帯になるわけですね。

 

いや~、昔からイブイブで騒ぐ人たちを冷めた目で見ていた私。

 

 

12/23の祝日がなぜ祝日になっているのか知らない若者が増えてきていると聞くので、ちょっと心配ですね。。。

 

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。