上諏訪温泉にて

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


 

こんにちは、スタッフの畠山です。

 

畠山母と女二人で温泉に行ってきました。

 

DVC00032.JPG

上諏訪温泉”しんゆ”さんです。

この日、身体が吹っ飛んでしまう程の強風(畠山の体型では、まず心配ないと思われますが・・( 一一))の中、駐車場には係りの方がいらして、お出迎えをして頂きました。

DVC00031.JPG

(吹っ飛ぶ心配はないが)強風の為、駐車場のある裏の入口から入館すると、表のロビーがとっても明るく感じられ、更には専属アートディレクターのアートがその明るさを増していました。

 

DVC00030.JPG 

今回のプランは1人2,000円割引で更にいろいろな特典付き、12畳の湖が望めるお部屋にて、さっそくガサガサテーブルに並べまくっておりますねぇ。

「二人じゃ広すぎてもったいないねぇ」

貧乏性畠山母娘、きっと隅っこの方でこじんまり寝ることでしょう・・・

 

DVC00025.JPGDVC00026.JPG

大湯では大きな画面にアートが映し出され、そのアートがゆっくり変化していく姿に目がクギ付け!ひたすら夢中で見ていると畠山母に

「あんた、よっぽど気に入ったんだねぇ」

となかば呆れ顔で言われました。

洗い場は全面畳張り、そんなのに慣れていない畠山、散々そこで頭やら身体やら洗っておきながら、湯上りに手ぬぐいを絞る際”ハッ、ここ畳じゃん”と洗面器の上で絞っていた・・・またも天然貧乏性発揮なのだわ・・・(ーー;)

 

DVC00024.JPG

こちらもプランの特典、40分貸切露天風呂♪

古かったけど大湯の露店に比べて広くて開放感があり、とっても気持ちよかった~(^◇^)

二人して時間一杯浸かっていました。

 

 

 

DVC00022.JPGDVC00019.JPGDVC00021.JPG

 

待ってました、お楽しみのお夕飯は創作和会席料理”美湖膳”

”呑み放題、食べ放題プラン”ばかりの畠山にとっては背中がスッと整うようなオシャレな盛り付けと繊細な料理ばかり、そして味付けもとっても上品で、ちょっと贅沢な気分を味わいました。

 

DVC00016.JPGDVC00018.JPG

しゃぶしゃぶのお湯がクツクツ沸く頃には良い感じに酔い酔いになり、真鯛の道明寺蒸し(右)もおつまみとして美味しく頂きました。(シメのうどんを撮り忘れた・・・)

 

DVC00014.JPG

「アンタ、呑み過ぎじゃ~ないのぉ(ーー゛)」

と畠山母に喝を入れられ、かろうじてデザートは撮ってみました・・・が、食べた記憶がない・・・

 

 

そして翌朝、

DVC00012.JPGDVC00013.JPGDVC00010.JPG

なんとも小料理屋のような佇まい、昨夜の夕食会場と同じ個室のはずなのにライトの加減か朝の方が”呑み屋にいるんじゃね?”と錯覚起こしそうでした。

紙で作られた金魚や朝食テーブルに飾られた生花など、優雅な気分にさせてくれる心配りが心地良いですねぇ。

 

DVC00009.JPGDVC00008.JPG

 

朝から新鮮なお刺身が並びました。そしてお腹に優しい蒸し野菜、お味噌汁は赤、白、合わせから選べる(具も味噌によってそれぞれ)という贅沢さ・・・が、しかし畠山、前日の暴飲暴食のせいか朝方から”お腹の調子が悪い~!”だったので、ほぼ食べる事が出来なかった(-“-)

唯一ゆ~っつくり食べた鮭の切り身の美味しかった事、忘れられません(色んな意味で・・・(;一_一))

 

女二人(しかも母娘)は気楽での~んびり出来てとってもハッピーな時を過ごせました(^^♪

 

方向音痴の二人のことだ、たかがお隣の市なのに、帰路やっぱり迷いに迷って

「諏訪と岡谷行ったり来たりしてるっきりでちっとも脱出できなーい、果たしてウチに帰れるの~?(*_*;」

と、どんくささがなければ更に良かったのですが・・・

・・・かなり時間を費やし何とか無事帰りましたよ、ふ~ッ・・・

 

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。