夏のスキー場にて

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします


 

こんにちは、スタッフの畠山です。

 

「岩岳にスキーに行った事あるか?」

という畠山父の言葉に”?・・・なぜこんな時期にそんな事聞く・・・また何か企んでるか(;一_一)”と思ってしまう根性曲がった畠山・・・

「今、ユリ園やってるらしいぞ~」

やっぱし何かあった、いわゆる行きたいオーラですわ、素直に”行きたいんだ!”と言えばいいのにねぇ。

で、それがきっかけとなり白馬山麓の岩岳スキー場にユリ鑑賞に行って来ました。

DVC00054.JPG

スキーで訪れたのはもう何年も前であり、更には辺りは銀世界の冬の姿とは全く違うため、まるで初めまして状態です。

それにしても図ったかの様に12時ジャストに到着しました~(^.^)

 

DVC00053.JPG

 

入園料は山麓のみだと1,200円、ゴンドラで山頂まで行けば1,800円、スタッフに山頂の開花状況を聞いた所、メインの場所が長雨で茶枯れしちゃっているらしくイマイチの反応だったので、今回は山麓だけを楽しみました。

 

DVC00042.JPGDVC00026.JPGDVC00001.JPG

園内に入ると、と~ってもいぃ香り、色とりどりのユリ達がお出迎えしてくれました。豪華~(^^♪

 

DVC00011.JPG

白いカサブランカ、画ではいまひとつ伝わりませんがとにかく花びらがデカい!(少々言葉が悪いですが大きいというよりこっちの方がピッタリくるので(^^;))香りも一際強かったです。

 

DVC00005.JPG

特に、混合色のユリが一番見頃だった様に感じました。

 

DVC00032.JPG

雨よけと気温の上昇を防げるためか、葉も花も森の中の方がツヤがありました。白樺とのコラボレーションもステキ~、ユリ達が足元で楽しそうに踊っているかの様・・・優雅ですねぇ(^O^)

 

DVC00030.JPG 

「これ見てみ~、変わってるし綺麗な色じゃ~ないか~」

と父に呼ばれると、ホントだ、ちょっと変わったピンクで(これも画では伝わりずらいですが・・・)畠山達が見た限りでは2株程しかありませんでした。

見つけた父、”なっ、なっ!(^^)!”と、めっちゃ鼻高々になっとりました・・・はいはい・・・( 一一)

 

DVC00053.JPG

まさか、さすがのスキーゲレンデ、山麓だけでも十分足腰に来ちゃいました。(一番歳いってる畠山父が一番元気でした、くっ、悔しい・・・(-“-))

夏のゲレンデを花で有効活用するっていぃですよねぇ、山麓だけでもこんなに広いし山頂もとなるとお手入れが大変でしょうね、ご苦労様です!おかげ様で癒されましたよ~(^◇^)

 

帰りの車内では山の爽やかな陽気の話題になり、

「雨降らなくて良かったねぇ、もうじき梅雨明けるかなぁ、暑くなるな~やだなぁ」

暑さ苦手な畠山の発言に対し、寒さ苦手な畠山母、

「でも暑いったってほんのひと月ばかりだよ、そうすればまたすぐ寒くなって・・・寒いのやだなぁ・・・あ~あ、早くあったかくならないかなぁ~(^O^)」・・・( 一一)

既にやって来ている夏の暑さを尻目に、その先の冬をイメージする畠山母の天然発言はとどまりません(^^;)

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。