麹作りワークショップ1

本日もお読みいただきありがとうございます。
↓応援クリックお願いいたします

 

みなさんこんにちは。東京事務所の柏木です。

先日ちょっとブログにも書かせていただきました「麹作り」について。

発酵居酒屋5の料理長兼発酵大使の鈴木様にお越しいただき、みんなで麹作りをした様子をご紹介いたします(^^)/

 

まずは、お米を炊くところからスタート。

発酵大使から事前に教えてもらっていたとおりにお米を洗って、炊飯スイッチをオン。

こんなに水が少なくていいのかな?ってくらい固めに炊きます。

 

炊きあがったころにちょうど発酵大使が来社。

ほかほか炊き上がりお米に「もやし」というものをふりかけて、お米とよーく混ざるようにみんなでもみもみしていきます。

※もやしは萌やしと書くみたい。麹の素みたいな粉です。

 

この日は画家の蟹江杏さんもいらっしゃっていて、一緒に麹作りにご参加くださいました。

社長の白井と画家の杏さん、発酵大使の指示のもと、とても慣れた様子でお米ともやしを混ぜていきます。

麹作り1  麹作り2   

 

よーく揉んだら、容器の中に詰める作業。

2ℓのペットボトルをカットして、そこにさらしを濡らしたものを敷いて、もみもみしたお米を入れていきます。

麹作り3   

このお米入りのペットボトルを、発酵箱に入れて翌日まで待ち。

発酵箱は40度弱くらいの温度になるよう設定されています。

この箱がなくても、ホッカイロなどで包んでほかほかの温度を保てればOKとのこと!

 麹作り4

翌日どうなったかはまた次回…!

できるかな、麹…(^^)

 

 


▲ページの上へ

コメントをどうぞ

いただいたコメントは、スタッフが承認した後に公開されます。
コメント本文のほか、お名前、URL(ホームページ、ブログ)は公開されます。メールアドレスは表示されません。